ネットビジネスで稼ぐためにツールの使い方を考える

どうも副島です。

今日はツールの使い方と考え方、

この辺りの認識を再度書いていきます。

 

ツールがあったら稼げるという幻想

正直「このツールがあれば稼げる」

みたいなオファーって多いですよね。

 

私としてはそのツールであなたが

いかに魅力的なコンテンツを作るか、

そこが一番重要だと考えます。

 

ツールを動かしとけば不労所得とか

意味が不明ですからね。

 

先日紹介したTTTに関しても、

ただ記事書けば売れるって訳じゃ

無いんですよね。

 

まずは売りたいものを選んで、

そこからサイトのコンセプトを決め

コンテンツを作り込んでいく。

 

初期段階ではアクセス自体は

少ないんですが、記事を増やす事と

SNSでも集客を行う事。

 

これらをしっかりと行えば、

サイトも強くなるし検索エンジンに

依存せずにアクセスも集まる。

 

ツールを使う事で最短距離で

成果を狙う事が可能だって事です。

 

ツールの有無にかかわらず、

情報商材を買う事はすでにゴールが

見えている状態で作業を行います。

 

実際に稼げる可能性が非常に高く、

まずはその通りにやる事が重要です。

 

ツールがある事で、記事作成の

時間が大幅に削れた場合にやる事は

売れる商品やアクセスが見込める

ジャンルを探すことです。

 

そのツールそのモノを活用し、

並行して違うノウハウを買って

取組むことも可能でしょう。

 

ツール自体が稼げるというよりも、

ツールが稼ぐための時間の効率を

最大限上げてくれると考えましょう。

 

守破離を確実に意識する

これは何回も書こうと思いますが、

例えツールがあっても最初、

「守破離」を必ず意識してください。

 

始めは必ずノウハウ通りに徹底的に

コンテンツを作ってください。

 

稼げてないうちからアレンジして

使う人がいますが、かなり無謀です。

 

基礎が出来ていないのに家を

立てれば当然崩れます。

始めからアレンジなんかしたら

成果なんて出ないし絶対に挫折を

経験します。

 

たまに天才的な人がいますが、

それは例外です。私たちみたいな

凡人はとにかく地道にやる。

 

本当にこれだけです。

そこはツールの力で大幅に

ショートカットできるので、

始め位辛抱して作業やりましょう。

 

どういうツールを選択するべきか?

正直ツールを使ってコンテンツを

量産する場合に他人と被ったり、

グーグルにコピーコンテンツだと

嫌われる可能性を考えます。

 

そういった可能性がほぼないのが

先日紹介したTTTですね。

ツイッターで稼ぐ方法

 

記事内でも書いていますが、

ツイート自体が検索でインデックス

されておらず、コピーとかそういう

所を一切心配しなくていいって所です。

 

時間帯でもツイートが変わるので、

他人と被る事もほぼありえないです。

 

これと似たツールで、かなり売れた

アラジンなんかもいい例ですね。

ヤフーニュースのコメントを使う事で

コピーコンテンツ対策を行ってます。

ネオトレンドアフィリエイトアラジン

 

記事自体はこちらも自動で

生成してくれて効率もかなり

上がりますね。

 

どちらも今までの記事作成という

誰もが不安な所をクリアしたノウハウです。

 

しかしコンテンツ自体の質は

それなりのモノが作れます。

もし導入するとすればこの辺りです。

 

他にもツール付きのノウハウは

一覧でまとめていますので是非とも

参考にされてください。

ツール付き推薦ノウハウ

 

ツールの使い方がマスターすれば

応用して面白い使い方も出来ます。

 

ツールが稼ぐから、ツールで稼ぐ

ために時間を捻出していくように

行動を起こしていきましょう!

 

いくらいいツール買っても、

こちらが行動しなければ一生

稼げずに終わりますからね。

 

それでは(^^)

 

PS

メルマガ登録でYouTubeで稼ぐ

ノウハウを無料プレゼントしています。

Youtubeで10万円稼ぐ方法

 

それ以上に稼いでいきたい方には、

小西さんのノウハウは現実的です。

GykuTubeの記事を読む

 

いきなり株とかFXやって大金を失うよりも

お金を生み出すスキルを身につけましょう。

 

それでは長文読んでいただき、

ありがとうございました。

 

PR 副島おすすめ情報

動画に広告を埋め込んで稼ぐ方法!?

単純作業でアクセスを集めて稼ぐ?特典追加

WIKIを個人で運営して稼ぐ方法

トレンドアフィリの常識をぶち壊すノウハウNew

YouTube特化型動画作成決定版

コメントを残す

このページの先頭へ