稼げる特化型サイトの作り方

どうも副島です。

今日は特化型サイトを作る場合のポイントを

まとめていきたいと思います。

 

特化型サイトの種類を把握する

まずは特化型サイトの種類を把握します。

まずは私のブログでもお勧めしています。

  • 動画まとめサイト
  • 悩み系サイト
  • 芸能ニュースサイト
  • 金融系サイト
  • 情報商材サイト
  • 地域情報サイト
  • 漫画まとめ

上げるときりがないんですがこの位ですかね。

 

この中でも比較的アクセスが集まりやすく

リピーターが付きやすいサイトを作ります。

個人的には悩み系サイトが強いかなと思います。

 

ある意味で情報商材サイトに関しても

お金が無いから稼ぎたいという悩みを

扱っており、広義の悩み系としても

考える事が出来ますね。

 

今日はその悩み系サイトに関して

フォーカスを当てていきましょう。

 

お金につながる悩みをリサーチする

ここのお金になるかどうかは非常に

重要な項目です。

 

まずは商品選定から行う事が基本です。

サイトを作る前に、売りやすいモノを選び

その後にブログなどに記事を投稿します。

 

商品に関してはA8ネットさんなんかで

探せば大抵のものは見つかります。

もしくはサプリなどのキーワードで検索し

広告出稿している商品を扱う事もありですね。

広告出稿をしている=売れる商品と

考える事も出来ます。

売れない商品に費用をかける人はいませんし、

ある程度検索ボリュームも多くニーズがあると

判断する事が出来ます。

 

そうやって商品選定に基準を作って

サイトを作成していけば大なり小なり

結果は出すことが出来ます。

 

検索して紹介しているサイトをいくつか

参考にして記事を作成すると割と簡単に

コンテンツも作り上げる事も出来ます。

 

売れているサイトを参考にするので、

成約に結び付く可能性も高まります。

 

悩み系の記事が書けない悩みを解消する

悩み系の記事が書けない悩みを解消する

サイトを作ればニーズありそうですね(笑)

 

さておき、悩み系のコンテンツ自体は

基本的にはコピペはNGです。

あなたの言葉で再構築してコンテンツを

作り上げる事が前提です。

 

ネタ元としては、他のまとめサイトや

商品の販売サイトまで幅広く存在します。

分かりやすいネタ元で行けばネバーまとめ

なんかは適当ですね。

ネタの宝庫なんですが、知らないうちに

全然関係ないサイトを見てしまうので、

注意しましょう(笑)

 

実際に記事を書く前に商品を取り寄せたり、

あなた自身で体験する事もお勧めです。

 

ASPの会社には自己アフィリというシステムも

あるので、実質無料で試すことが出来ます。

自己アフィリの詳細は下記の記事でも紹介しています。

http://wp.me/p72IEO-ja

 

コンテンツを作る際にキーワードを意識する

主にタイトルなんですが、ここでも

キーワードを意識しないと記事が読まれず

埋もれてしまいます。

 

例えば、下記のタイトルだと

「痩せるために必要な事は運動・食事のバランス」

というタイトルと

「痩せるために効果的なたった2つのポイントとは」

比べてみれば分かると思います。

 

全てタイトルで書かず、興味を持たせる事

そのポイントを意識しましょう。

ある意味ネガティブな表現を書く事で

興味を惹く事も出来ます。

 

「炭水化物抜きダイエットは効果が無い3つの理由」

ここでの記事に関しては、炭水化物抜きの

ダイエット方法のデメリットを挙げた上で

そのデメリットをカバーする方法をその後に

記事として構成を作っていきます。

 

始めにネガティブな文章を書く事で、

その後のメリットが引き立つ訳です。

キーワードに関しては繰り返し実践を

行う事でスキルも身に付きます。

 

長期的な収益を目的としたサイトを

作成するのであれば基盤を固めて

スキルの向上を目指していきましょう。

 

PS

メルマガ登録でYouTubeで稼ぐ

ノウハウを無料プレゼントしています。

Youtubeで10万円稼ぐ方法

 

それ以上に稼いでいきたい方には、

小西さんのノウハウは現実的です。

YDCの記事を読む

 

それでは長文読んでいただき、

ありがとうございました。

 

PR 副島おすすめ情報

動画に広告を埋め込んで稼ぐ方法!?

単純作業でアクセスを集めて稼ぐ?特典追加

WIKIを個人で運営して稼ぐ方法

トレンドアフィリの常識をぶち壊すノウハウ

YouTube特化型動画作成決定版

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ