ブログで稼ぐ方法 キーワード選定の基礎講座1

どうも副島です。

今日はキーワード選定の基礎講座を

これからシリーズ化していこうと思い、

記事にしている次第です。

 

過去の記事でも書いてますが、

改めて基礎的な考え方を自分自身の

学びも含めて書いていきます。

 

キーワードを考えて手が止まってませんか?

 

正直私も過去にはこういった時期が

何回もありました。

何か良いワードは無いか?

 

一時期こればっかり考えて、

記事の更新も止まってました。

 

でもふとした時になんですが、

考えてもだめなら検索エンジンに

聴けばいいなと考えた訳です。

 

検索エンジンに聞くとなると、

感の良い方は分ると思いますが、

関連キーワードでよく検索される

ワードは一覧で表示されるんですよね。

 

ワードを2語打ち込めば関連語句が

検索枠の下に表示されます。

単語で検索してもこうやって、

関連ワードを表示してくれます。

こういう関連ワードが出てくる

理由ですが、他の人も検索してるからです。

 

それなりに検索のボリュームがあり

それに合わせてサイトやブログ

記事を書けば一定数のアクセスは

望めるって事です。

 

単純に考えてもこういった

検索されているキーワードは

出てくるものではありません。

 

せっかくグーグルさんがこうやって

教えてくれるんですから活用しないのは

物凄く勿体ない訳です。

 

極端な話ですが、これで出てきた

キーワードすべてで記事を書く事も

出来る訳ですからね。

 

そこで反応の良いキーワードで

関連記事をどんどん増やしていく。

そうする事でアクセスも集まるし、

あなたのサイト、ブログも検索で

更に強くなります。

 

このようにキーワードに関しては、

グーグルで語句を打ち込んでいって

関連語句が表示されれば、ある程度

アクセスは見込めるものと考えても

問題ないでしょう。

 

そこからライバルチェックなんかも

行うんですが、そこは後日改めて

記事に書いていきます。

 

キーワードはグーグル先生に

聞いてみるのが一番の近道です。

 

キーワードは人間の欲求の塊?

 

こういったネットでグーグルなどで

検索される方は何かしら悩みを

解決したいと考えている方が正直

少なくないはずです。

 

実際に私のサイトを訪れた方も

何とかしてお金を稼いで独立か

起業したいって方も多いはずです。

 

悩みの形は違えど、キーワードは

その人間の欲求の塊って訳です。

 

ダイエットとかの場合は上の画像の

「ダイエット 部分痩せ 二の腕」

「部分痩せ お腹 腹筋」

「太もも 内側 痩せ」

こういったワードで検索をされます。

 

そこで検索されている人の

どんな欲求でそのキーワードで

検索されたのかを考えましょう。

 

ダイエットで検索した人に

保険の商品を勧めても絶対に

成約なんかしませんからね。

 

欲求を解決したい人に対して、

価値のあるサイト、ブログを

構築するように意識していきましょう。

 

まとめですが、基本キーワード選定は

一度身に付けてしまえば基本的には

一生使えるスキルです。

 

繰り返しキーワードを検索して

記事を作成していけば確実にあなたの

地力は上がりますし、アクセス自体も

劇的に変化を起こせる可能性も高い

スキルです。

 

特に人間の欲求に関しては、

際限が無いと思ってください。

 

生きている限りは何かしら

悩みも生まれそれを解決する

そのためにお金を払う人は

多数存在します。

 

そういったサイトやブログを

構築していくことで収益も

長ーく受け取る事も可能ですからね。

 

悩みなんかだとこういったノウハウも

人間がいる限りは無くなりません。

http://sacinfo0822.blog.fc2.com/blog-entry-258.html

 

もしくはアダルトといったジャンル。

http://sacinfo0822.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

 

キーワード選定のスキルを磨きつつ、

こういったツールを活用する事で

効率よく作業も行えますからね。

 

興味があれば是非とも参考に!

 

PS

 

一応メルマガ登録でYouTubeで稼ぐ

ノウハウを無料プレゼントしています。

Youtubeで10万円稼ぐ方法

 

それ以上に稼いでいきたい方には、

小西さんのノウハウは現実的です。

GykuTubeの記事を読む

 

いきなり株とかFXやって大金を失うよりも

お金を生み出すスキルを身につけましょう。

それでは長文読んでいただき、

ありがとうございました。

 

PR 副島おすすめ情報

 

コメントを残す

このページの先頭へ