トレンド動画を作るよりも〇〇ジャンルを狙うべき?

どうも副島です。

今日はYouTubeネタです。

 

ちょっと前のYouTube削除祭りで

トレンド動画などが一斉に削除され

悲劇に見舞われた方が多数発生しました。

 

トレンド動画に関しては最初こそ

人は集まるんですが、そのニュースが

報道されなくなれば一気に再生回数も

がた落ちです・・・。

 

それ以外のジャンルで報酬も狙える

ジャンルの動画の説明に行きますね。

 

脱トレンド動画を行うためにジャンルを考察してみる

まずYouTubeとしては人を

集めたいんですよね。

YouTubeのサイトに長ーく

滞在して欲しい訳です。

 

定期的に動画をアップロードして、

人を集める事が出来るチャンネルは

広告の種類なんかも違いが出ている

可能性も高い訳です。

 

1クリックの単価は実際に違います。

前の記事でも書いたと思いますが、

ヒカキンさんなんかはかなり優遇は

されているはずなんですよね。

 

単にスライドで動画を作って、

コメントなんかも無いような動画は

YouTubeからしたら人が集まらない

価値の無い動画って事なんですよね。

 

1つ政治系の動画を例に出してみましょう。

脱トレンド1

よくNHKで放送されている国会中継ですね。

こういう政治系の動画を扱う場合には、

著作権などあまり関係なく事実の報道何で

引用で通用する訳です。

 

ただ国会の内容によってはNHKが

削除申請をする場合があるんで、

注意が必要なジャンルではあります。

 

しかしこの動画に関しては、

コメントが集まりやすいんですよね。

それに勝手にコメントでバトルが

起こりSEO的にも向いています。

 

他の政治系の動画でもコメントは

比較的付きやすいしやってみる

価値はあるかなと思います。

 

政治の歴史的な感じでまとめると

あなた自身の知識も増えますからね。

現状の国会なんかは抜き出しても

面白いと思いますよ。

 

野党の党首の国籍なんかや、

野党の方のツイッターなど

ネタはかなりありますからね。

 

トレンド動画はやめる必要はない?

脱トレンドでジャンルを考察しました。

まあ今回は1つでしたが、他はまた次回に。

 

まあトレンド動画で収益自体が

上手くいっている方は継続して

やってもらって問題ないですが、

伸びずに困っているとかであれば、

違うジャンルにも目を向けるべきです。

 

例えば先日紹介したノウハウですが、

http://sacinfo0822.blog.fc2.com/blog-entry-300.html

海外向けなんかの動画は狙い目です。

 

実際にブログなんかでは敷居が高いですが

動画であれば最低限の英語が出来れば

問題なんてない訳です。

 

もしもジャンルなんかで困っているとか、

そういう悩みがあれば手に取って欲しい

かなり使えるノウハウです。

 

国内向けの動画ばかりだと

再生回数も伸びないって人も

多いと思うんですが視点を

変える事で改善されることも

十分にあり得る訳です。

 

トレンド動画でもニュース記事以外の

関連する内容を記載したり、見る人に

価値を与えるように工夫は必ず

行いましょう。

 

報道されたニュースの内容なんて

皆知ってますからね、価値が無い訳です。

もう一度あなたが作った動画の内容を

確認してみましょう。

 

再生回数が伸びない理由を、

考える事も重要ですからね。

 

それでは(^^)

 

PR 副島おすすめ情報

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ