YouTubeで特化型チャンネルを作る意味を理解する

どうも副島です。

本日はYouTubeで動画を作っていくうえで

抑えるべきポイントを書いていこうと思います。
最近のYouTubeの動きを見ていると、

グレー系の動画やトレンド動画の削除など

今までにない動きを見せています。
その点を踏まえて作っていく動画などの

解説も入れていこうと思います。

 

YuoTubeで稼ぐにはジャンルに特化するべき?

YouTube特化型2

動画を作るにあたってなんですが、

どういったテーマで作るのかあらかじめ

決めてチャンネルを作っていくという事を

特に意識してほしいなと思います。

 

2ちゃんまとめとか、トレンドニュースでも

スポーツにとかするとか色々と道はあると思います。

 

結局YouTubeとしては検索の精度なんかを、

グーグルと同じくらいのレベルまで引き上げたい

はずなんですよね。

 

グーグルとしては価値ある情報をユーザーに

届けるという事を目的にしてるはずなんで。

 

そうなると現状のグーグルの検索エンジンで

上位に来るものを考えれば自ずと作るべき

動画のジャンルも見えてくると思います。

 

特に最近ではキュレーションサイトなんかも

かなりの割合で検索結果の上位に表示されています。

YouTubeの動画でもそういったまとめ動画は

比較的再世界数もばかにならないんですよね。

YouTube特化型3

1年間で再生回数がかなりあることがわかると思います。

これだけでも報酬は何十万レベルですからね。

ネタをまとめるとか、チャンネル自体を何かの

ジャンルに特化させることが今後はかなり重要です。

 

ちなみに動画の見本を選んでいるときに、

気になる動画をついつい再生しちゃいました。

やばいですね、軽いグロ系とかでも見ちゃいますね。

 

感動とかで検索すると下の動画が上位に来ます。

YouTube特化型4

その中でも、巻き爪とかの動画がいい評価が

かなり多いんですよね。

これって悩みを解決する過程が動画で見れるんです。

 

まあこれは巻き爪を治す器具を販売している

会社が作ったんでしょうが、見てるとすっきりします。

こういう風に動画内で過程がしっかりとわかれば、

物販アフィリなんかでも使えるんですよね。

 

動画が難しい場合はビフォーアフター画像とかでも

代用できると思うんです。

悩みに特化した動画を作ることでアドセンス以外の

報酬も手にすることが出来るという事です。

 

特化させるジャンルで情報商材も売れる?

メルマガ特典でも情報商材を売る方法を

簡単にではあるんですが書いてます。

 

まあ情報商材に興味がある人って、

お金が欲しい人ですよね。

 

そこから連想してどういうジャンルに

そういったお金が欲しい人が多いのか

推測して動画を作るってことです。

 

要は動画を見に来る人の属性を意識するってことです。

そうすれば、物販でもなんでもある程度

売れてくるはずです。

 

それに動画を特化させれば、ファンも付きやすいと

思うし、ファンがつけばチャンネル登録者数も、

増えていくはずなのでアドセンスの収益も安定してきます。

 

まあ別のブログでも紹介したんですが、

YouTubeで稼ぐ方法の小西さんが出した

新商材なんかがこの特化型動画のいい例です。

【悲報】小西和夫氏のYouTube特化型権利収入構築プログラムが全く使えない!?

 

今後のYouTubeも動きでも、価値のない動画の

排除も一層力が入ると思います。

グーグルでも人気ブログが一気に圏外に飛ばされる

アップデートなんかもありましたからね。

 

油断せずにリスクを分散しながら、

ネットビジネスやっていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ