Youtube動画でのアップロード後の収益化でのポイント

どうも副島です。

本日は、Youtubeへの動画のアップロード後の

収益化出来る動画出来ない動画のへの対策です。

 

結構フリーの音源を使っていても、

収益化できないケースが発生することも

あるようです。

 

そこで対策方法をまとめていきます。

 

Youtubeでの収益化が認められない場合の対策とは!?

収益化不可

意外とオリジナル動画を作った場合でも、

稀に収益化でいないような表示が出る事があります。

フリー素材の音源を使う場合に発生するようです。

 

音源を使用するサイトによっては、

商用利用に関してはNGな場合もありうるので

使用する場合は注意が必要です。

 

基本はフリー音源であれば、商用利用は

問題ない場合が多いし、使うことで何らかの

不利益を被ることは一切ないはずなんです。

 

そのように収益が出来ない場合に、

考えられることがその音源自体の利用者が

非常に多く、Youtubeのシステム上NGと

判定している可能性もあります。

 

もしくは、ユーザーがコンテンツIDなどの

登録を行っている場合が考えれらます。

 

実際に警告が出た時点で、アップロード自体を

諦める事も多いんですが、実際にフリーの音源で

商用利用可能の物を使っている場合には、

Youtube自体への異議申し立てを行いましょう。

 

せっかく作った動画がアップロードできない

この時間のロスはかなり痛いです。

商用利用可能な音楽素材ですから、

実際に使っているサイトなども明記して

申し立てを行っていきましょう。

 

異議申し立てが面倒な対策方法まとめ

実際に異議申し立てが面倒くさい場合には

音源自体を丸ごと変更することで回避も

する事が可能な場合もあります。

 

もしくはサムネイル画像などを動画の

冒頭に表示させて、音源自体を判別を

ごまかす方法なんかもあります。

 

一応そういってテクニックでも回避は

可能な場合もあるので、試してみましょう。

 

実際に収益化が困難な動画や、

著作権的にグレーな動画を使う場合は

危険な橋を渡ることになるので注意しましょう。

 

まあ他人の動画を使うテクニックなんかであれば、

流時って言うツールがかなりお勧めです。

レビューURL⇒http://sacinfo0822.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

 

特典で動画の量産の方法なども特典で

補足解説しています。

 

Youtubeを攻略していくうえでかなり使える

ツールとなっています、詳しくはブログで

解説してるんで興味あれば是非是非!

 

それでは長文読んでいただいてありがとうございます!

 

PR 副島おすすめ情報

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ