YouTube動画の視聴時間を気にしていますか?

どうも副島です。

今日はYouTubeにおける評価基準

動画の視聴時間についてお話しします。

 

現状視聴回数に目が行きがちですが、

視聴時間を特に意識していきましょう。

 

再生回数でなく視聴時間を重視する理由とは?

他の記事でも触れていると思いますが、

以前の評価での再生回数の場合だと

再生をクリックさえすれば動画自体の

評価は上がった訳です。

 

某国の何とかスタイルの動画も

F5で更新して動画の再生回数を

無駄に増やしていました。

 

そういう経緯もあり再生回数よりも

視聴時間に推移していったのでは

なかろうかと思います。

 

まあそういう再生回数だけが

多いような動画でコピペだったり

テキストだけとかの内容であれば

YouTube側から削除されるリスクも

十分にあり得る訳です。

 

今年もそういった動画の削除とかは

結構な人が体験してるようですね。

 

要はいかにあなたの動画にユーザーを

とどまらせるか、ここがポイントです。

この部分はグーグルのサイトの評価基準と

かなり似ています。

 

動画=サイトの記事って事です。

サイトの滞在時間が長くなれば

そのサイトのコンテンツは価値が

あると見られて検索結果で上位に

表示されやすくなります。

 

ここで動画自体の視聴時間が

長ければ動画そのものに価値が

あるとYouTube側には認識

されます。

 

例えば一つのテクニックですが、

サムネイル画像を工夫する事も

動画を視聴させるために有効です。

 

%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%81%ae%e8%a6%96%e8%81%b4%e6%99%82%e9%96%93

サムネイル画像をセクシー系に

する事でその画像が表示されるまで

視聴させるって寸法です。

 

これは検索するとかなりの動画が

やっていますので、参考に。

それとカスタムサムネネイルの方法です。

https://support.google.com/youtube/answer/72431?hl=ja

 

こういう一工夫をやる事で

動画の評価もだいぶ変わりますからね。

 

動画の視聴時間に対する対策

動画の視聴時間に対する対策ですが、

上で書いたサムネイルのこと以外にも

重要な要素があります。

 

YouTubeは動画のSNSを目指しており、

そのサイトの内部で巡回して欲しいんです。

そうすれば動画内の広告を見る人も

増えますし、人が増えればそこに広告を

出したい人も比例して増えていきます。

 

この広告を出したい人を増やすためにも

視聴時間の長い動画チャンネルは、

優遇されるって訳です。

 

要はYouTube内にそのチャンネルが

何人留めることが出来たのか?

ここも評価のポイントです。

 

まあ著作権の怪しい動画が

残っているのも人が集まるからです。

YouTube側は広告収入が減っては

困りますからね。

 

ただ私たちが無料で使えて、

お金も稼ぐことが出来るって

考えると納得しますね。

 

 

そこでYouTubeにユーザーを

留める工夫ですが、動画の説明に

関連動画のリンクを貼る事です。

 

別にあなたが作った動画だけでなく

他人の作った動画を案内しても

全く問題ない訳です。

 

むしろその方がSEO的に強くなり

検索結果にもいい影響が出る場合が

考えられますからね。

%e8%a6%96%e8%81%b4%e6%99%82%e9%96%932

 

上の画像の通りに関連動画の

紹介を行ってみてください。

 

動画の視聴時間に対する対策2

次になんですが、これは慣れてから

動画の質を上げるっていう方法です。

 

それと続きが気になるものを

しっかりと作成する事。

 

小西さんのこの商材なんかは、

この辺りをほぼクリアできてます。

http://sacinfo0822.blog.fc2.com/blog-entry-215.html

 

このノウハウであれば完全に

ホワイトで著作権もクリアした

動画の作成も作成可能です。

 

違法動画を上げれば視聴時間も

稼ぐことも可能ですがリスクが

高すぎておすすめしません。

 

内容のあるコンテンツを作り

YouTube側への評価を高める

このポイントを必ず意識します。

 

質の高い動画、これは記事でも

言えますが、ユーザーが何を知りたいか?

 

トレンドアフィリでもですが、

ユーザーはニュースを見て検索を

行うわけです。

 

そこでニュースサイトの説明の

丸コピペの記事や動画を見るか?

ここをしっかりと考えましょう。

 

私であれば、ニュースには無かった

情報があるサイトや動画を見ますし、

そこで気に入れば再度訪れます。

 

YouTubeであればチャンネル登録を

行ってくれるはずです。

 

動画や記事を作る場合にユーザーは

何を知りたいのか?

そこを意識するだけでもコンテンツの

質は違ってきます。

 

必ずニュース以外の関連項目を

漏らすことなく伝える気持ちで

コンテンツを作成しましょう。

 

あなたのチャンネルに人が集まれば

広告単価も変わってくるし、検索でも

有利になる可能性が高くなります。

 

以上ポイントです。

まあ、あまり意識しすぎて作業が

止まるとかにならないようしましょう。

 

もう今年も数日で終了します。

休みに入る方も仕事の方も

今行動を起こせるかで来年の動向も

変わってくると断言できます。

 

今変われなかったら未来なんて

絶対に変わらないし、進化なんて

望めませんからね。

 

今日も長文読んでいただき、

ありがとうございます!

何かあれば気軽に質問くださいね(^^)

 

PR 副島おすすめ情報

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ