YouTube特化型動画を比較検証してみる

どうも副島です。

今日は特化型動画の再生回数などの

比較検証を行っていきます。

 

同じような動画でも再生回数が

大きく違う場合がかなり見られます。

 

そこで違いは何かをはっきりと

検証していきましょう。

 

同じような動画でも再生回数に差が出るのは何故か?

特化型動画を考える1

まずはこの問題を紐解いていきましょう。

これに関しては対策を施しても、

何を行ってもダメな場合があります。

 

結局アップロードをした時間や、

その時の類似の動画の状況で変わる?

って事しか判断が出来ません。

 

ただ再生回数を軒並み伸ばしている動画は、

チャンネル登録への誘導や、説明欄での

キーワードの羅列等出来る限りの対策は

最低限されているのが現状です。

 

ただ闇雲にアップロードを行う事も

動画を作成しアップロードするという

一連の流れを把握するためと作業時間を

短縮させるために必要ではあります。

 

ただ、ある程度アップロードも慣れてくれば

そういったすでに存在している再生回数の

多い動画の施している対策を確実にやる。

 

本当にこれだけでも後々の再生回数も

変わってきますからね。

 

それともう一点なんですが、

対策を施しても再生回数が思うように

伸びない場合はいっその事一度動画を

削除して再度アップロードする事を

試していただきたいです。

 

あまりやりすぎると、リスクもあるので

1回程度でやめていきましょう。

 

初期の段階ではとにかく数をこなすので

あまり意識はしなくてもいいですが、

慣れてくればそういうテクニックを使い

少しでも再生回数を伸ばしましょう。

 

動画の内容も一緒に考えてみる

これは単なるコピペや、テレビ番組に

フレームを付けている動画などでも

一定数の再生回数も稼げています。

 

これらの動画でも再生回数の多いものは

コメント欄が賑わっている傾向があります。

 

ある意味コンテンツとして弱いものでも

人が集まる動画とYouTube側に認識されれば

ある程度の広告収入は見込めるんです。

 

何回か言っていますが、YouTubeは、

SNSとして機能させていきたいんです。

 

チャンネル登録数もある程度増えれば、

簡単な動画でも再生回数は伸びます。

 

関連動画をどんどん再生する人も

多いので、キーワード自体の寿命が

長いもので動画を作っていけば、

勝手に再生されて収入も積み上がります。

 

トレンド系と合わせて、その動画関連で

長く検索されそうなものを一緒に作成し

長く収入を得られる仕組みを作ることを

心がけていきましょう。

 

小西さんの特化型動画のノウハウが正に

それです。

YouTube特化型動画作成決定版

 

長く検索される動画を作り、

人が集まるチャンネルを作る。

 

しかも著作権もあまり考えずに

動画を量産して稼げます。

 

もしくは、爆発的に再生回数を

伸ばしいていきたいとの事であれば、

小西さんがノウハウを提供した、

エビルユーチューバーなんかも

若干グレーなノウハウですが、

リスクを多少追ってでも稼ぎたい

という方には向いています。

 

著作権関係は相変わらず厳しく

なってはいますが、相変わらず

削除されずに残っている動画も

多いのが現実です。

 

まあ憶測ですが。

Youtubeは広告費で利益を上げています。

多少グレーな動画の方が人が集まり、

スポンサーの広告が多数の人の

目に触れる事から、ある程度は

黙認しているんじゃないかと思います。

 

これは私の個人的な見解ですので、

あまり参考にはしないでくださいね(苦笑)

 

まずはあなたが行う事は、

動画の量産です、その作業自体に

慣れてしまい、作業時間自体を

短縮させて効率よく動画を作り

アップロードしていきましょう。

 

作業時間の短縮はネットビジネス

全般で言える事です。

毎日の積み重ねでしか超える事が

出来ない壁ですからね。

 

しっかり頑張っていきましょう。

 

PR 副島おすすめ情報

ドラゴンボールを集めて稼ぐ?おすすめ


楽しんで書いた18禁アフィリレビュー


初心者が知恵袋のコピペ稼げる??
⇐売れてます


YouTube特化型動画作成決定版

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ